文字
サイズ
背景色

歯周病治療

歯周病は急になることはなく、患者さまの日頃の歯のお手入れが行き届かなったためになってしまう炎症疾患です。
例えば、「ブラッシングした際に出血する」「歯肉が赤く腫れている」「歯が長くなったような気がする」このような症状が見られる方は、一度、歯科院にご相談することをおすすめします。

歯周病とは

歯周病

そもそも歯周病とは、どういうものなのでしょうか?
歯肉や歯と歯槽骨を結んでいる歯根膜・歯槽骨などが細菌によって引き起こされる、炎症疾患です。症状がないまま進行し、気がついたら、突然歯が抜けてしまうという恐ろしい病気です。

歯周病の原因となるプラーク

歯周病の原因

歯周病が起こる原因としては、口の中に常駐している300~500の細菌が、ブラッシングを十分に行わなかったり、砂糖を過剰摂取してしまうことで、ネバネバした物質を作り歯の表面にくっついてしまいます。これを「プラーク(歯垢)」といいます。
このプラークは、強くうがいした程度では落ちることがないぐらいの粘着性を持っています。プラークが持っている細菌は、虫歯や歯周病を引き起こしますが、特に歯周病を引き起こす細菌が多く存在していることが分かっています。
そして、プラークは歯肉を炎症させるだけではなく、歯を溶かしていってしまいます。
つまりは、このプラークを取り除かない限りは、ずっと歯周病になるかもしれない可能性が残ってしまいます。
また、プラークを放っておくと硬くなってしまい、「歯石」になってしまいます。
歯石になってしまうと歯の表面に付着し、ブラッシングだけでは取り除くことが不可能となるという、プラークよりも面倒な存在になります。
歯石の中や周りに細菌が入り込むことで、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

歯周病予防と対策

歯周病予防

歯周病にならないためには、どうすればいいのでしょうか?
まずは、年に数回、歯科院で定期検診を行い、歯石を取るようにしましょう。「虫歯はないから行かなくても大丈夫!」と思っている方でも、細菌は常に300~500は口の中にいるので油断は禁物です。
また、歯科院でデンタルフロスの使い方を教えてもらい、日常の歯のブラッシングのときに一緒に行うようにしましょう。

治療法

ランドマーク歯科では歯周病と診断すると、以下のように治療を進めてまいります。

治療期間は歯周病の度合いによって変わってきます。軽度であれば1~2回で終わりますが、重度になると、2カ月~3カ月かかってしまうこともあります。

歯周病にならないためには

自分の歯を失ってしまう前に、「よくかんで唾液を出すようにする」「規則正しい睡眠」などといった生活改善を行っていただき、日頃からフッ素を使ったブラッシングやフロスによる手入れを行い、年に数回、歯科院で定期健診を行い歯石や歯垢を取ってもらうことが歯周病を防ぐ第一歩です。
もし、ご自身の歯を鏡でチェックをしてみて、歯がぐらつく、歯が伸びた気がする、
歯と歯の間にものが挟まりやすくなったなど、少しでも気になることがありましたら、
ランドマーク歯科までご相談ください。

再生医療の治療法 CGF

ケガをして血管に傷がつき出血すると、血管の穴を埋めるために血液中の血小板が集まり、凝固因子が放出され傷の治りを促進させる「フィブリン」という物質が作られます。

フィブリンのこの特性を活かした治療法がCGFです。
患者さまから血液を採取し、遠心分離機にかけフィブリンを人工的に作り出します。
インプラント手術などで治療後の回復を促進するために使われています。
患者さま本人の血液から採取しているのでアレルギーや拒絶反応がなく、回復力も高くなっています。

ページの先頭へ戻る