文字
サイズ
背景色

ホワイトニング

昔は真っ白だった歯。気が付けば、黄ばんでいたりしませんか?
歯が黄ばむ原因としては、着色物質を含む食べ物を長年食べ続けることで歯が黄ばんでしまいます。また、加齢により、エナメル質が減ってしまうことで、中の象牙質の色である黄色が透けてしまうので、黄ばんで見えてしまいます。

クリーニングでも白くすることは可能ですが、クリーニングは歯の表面に付いている歯石や歯垢を取り除くことで白くしますが、ホワイトニングは、歯そのものを白くします。
簡単に言うと、クリーニングは「お掃除で白くする」のに対し、ホワイトニングは、「漂白して白くする」ということになります。

ホワイトニングは歯の内側から歯を白くするので、歯を削る必要もなく、安心して歯を白くすることができます。

ホワイトニングには3種類の方法があります。

1ホームホワイトニング
歯科医師の指導により、オーダーメイドで作ったマウスピースに薬剤を入れ、1日2時間はめ、それを2週間ご自身で行うホワイトニングです。歯髄にダメージを与えにくく、痛みが出にくいのが特徴です。個人差はあるものの、だいたい14日ぐらいで効果が現れます。また、自分のペースでできるので、自分の希望の白さになるまで続けることが可能です。
ただし、期間が長いので、面倒くさがりの人や、三日坊主な方にはおすすめできません。
2オフィスホワイトニング
歯科に行って歯に薬剤を塗り、光を当てることで白くする治療法です。
色調によって異なりますが、1回で効果が出る人もいれば、2回で出る人もいます。
ホームホワイトニングよりも早い段階で、希望の白さを手に入れることができます。
早く効果が出るので、近々に結婚式など重要な行事を控えている方や、三日坊主という人に向いています。
ただし、費用がホームホワイトニングよりも多少高めになっており、即効性がある分、ホームホワイトニングよりは持続期間が短めとなっています。

3デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを合体させたホワイトニングです。
オフィスホワイトニングよりも明らかに白くなります。即効性があるので、すぐに効果を出したい方、遠方の方にお薦めです。ただし、2つのホワイトニングを合わせて行うので、費用は高めになってしまいます。

当院で行う、これら3種類のホワイトニングは、ホワイトニングコーディネーターを中心に行っておりますので、ご安心して受診していただくことができます。

歯の黄ばみが気になりだしたら、まずは、ランドマーク歯科までお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る