文字
サイズ
背景色

歯のない場合の処置

虫歯や歯周病で歯が無くなってしまったまま放置してしまうと、かみ合わせの歯や隣の歯が移動してしまい、歯並びがずれてしまう原因になりますので、歯を補う治療が必要です。

インプラント

1本350,000~(税抜)

骨の中に直接人口歯根(インプラント)を埋め込み、顎の骨としっかり固定させた後、そのうえに人工の歯を装着する方法です。
外科処置が必要となりますが、義歯のように取り外しの多く億劫さがなくなり、ブリッジのように両隣りの歯に負担をかけずにすむのが特徴です。

インプラント

ブリッジ

歯がなくなった部分の両隣りの歯を削ってかぶせものにし、その歯を利用して歯を補う方法です。
周囲の歯を削らなくてはならず、支えとなる歯に負担をかけてしまうのが欠点ですが、比較的簡単に作製でき、 固定式のため、わずらわしさはありません。
また、セラミックなどを使用すれば、見た目もきれいに 修復することができます。(保険外)

ブリッジ

義歯(入れ歯)

周囲の歯に金具を引っかけて床(ピンクの部分)の上に 人工歯を並べ、歯を補う方法です。 ブリッジと同じく周囲の歯に負担がかかる、取り外しが 億劫などの欠点がありますが、簡単に作製でき、歯を ほとんど削らずにすむという利点があります。
また、特別な装置を用いることにより、金具を用いるもの より、見た目にも優れ、より快適な義歯を作製することも 可能です。(詳しくはスタッフにお問い合わせ下さい。)

入れ歯

義歯を安定させるための装置

磁性アタッチメント

磁石の力によって義歯を安定させます。修理が比較的簡単に行えます。
歯が2,3本しか残ってなくても使用できます。

磁性アタッチメント

コーヌス義歯

いわゆる「茶筒」のように義歯を固定します。
義歯に不要な揺れが起きず、支えとなる歯かかる負担を軽減できます。

ノンクラスプデンチャー(エステショット)

金属製のバネを使用しない入れ歯で、やわらか過ぎず、適度なしなやかさをもち、つけた時に違和感が少ないといった特徴があります。
薄くて軽く、つけたときに目立たないため、審美性にも優れています。

ページの先頭へ戻る