文字
サイズ
背景色

予防・メインテナンス

PMTCとは

PMTC

歯の表面に付着する汚れには、数億の細菌が固まった「歯垢」、常時毒素を出し続ける「バイオフィルム」、細菌が死んで唾液の中のカルシウムと結合した「歯石」などがあります。
これらは、一度付着してしまうと歯磨きでは取ることができないので、歯医者で取り除かなければなりません。

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、歯の表面に付着した汚れを専門医が機械的に除去することを言います。
痛みも不快感もなくPMTCで定期的に歯のクリーニングをすることで、高確率で虫歯を防ぐことが可能となります。

SPTとは

SPT

歯周病の再発防止や、再発した場合には早期治療といった連続的な経過観察や予防処置を行うことをSPT「Supportive Periodontal Therapy」と言います。
SPTは主に歯周病のリスクが中~高レベルの患者さまに特化した予防治療と言えます。
近年の歯学会では、歯周病の予防は「メンテナンス」ではなく「SPT」と提唱され始められるようになってきました。

歯周病を予防するには日頃のケアも大切ですが、歯医者での定期的なメンテナンスも必要不可欠となります。

歯磨きの方法

歯磨きの方法

せっかく、毎日歯磨きを行っていても磨き方がおかしいと磨き残しが出たり、虫歯になってしまうことがあります。
当院では、歯肉炎を回復させるブラッシング法として、最も簡単で清掃効果の高い「スクラビング法」を推奨しております。
歯や歯ぐきに無駄な力がかからないペングリップ式で歯ブラシを持ち、毛先を歯に直角に当てて細かく往復運動をさせるスクラビング法で磨きます。歯の表面に歯ブラシの毛束が直角に当たるので歯と歯ぐきの境目の歯垢を簡単に取り除く事ができます。また清掃率が高いので、この磨き方をしっかりと時間をかけて行うことで、虫歯予防や歯周病予防につながります。

ページの先頭へ戻る