文字
サイズ
背景色

インプラント

ランドマーク歯科のインプラント1

インプラント治療は、他の健康な歯を削らずに修復ができ、固定されているので自身の歯と同様に自然に噛むことができ、噛み合わせが安定します。そして、見た目が自然なので違和感がありません。

ブリッジみたいに両隣の歯を削ることもなく、人工の歯の裏側に食べかすが残ることで虫歯になる恐れもありません。また、入れ歯のように違和感感じることなく、歯ぐきが痩せて作り直すようなこともありません。

ランドマーク歯科ではCTを院内に完備しているので、外部に依頼せずCT撮影が可能となり、エックス線撮影では難しかった口腔内の状態を正確に把握することができるので、治療によるリスクを最大限に回避することが可能となります。

インプラント治療は「1回法」と「2回法」があり、患者さまのご要望で選択することもできますが、口腔内の状態によっては選択できない場合もあります。

1回法は、手術が1回で済み、期間が少しだけ短縮できますが、術後の感染リスクが高くなり成功率が2回法と比べ、若干下がってしまいます。

2回法は、傷口を完全に閉じるので感染リスクを軽減させることが可能で、成功率も1回法に比べ成功率が高い反面、手術を2回行わなければなりません。

ランドマーク歯科のインプラント2

ランドマーク歯科のインプラント3

どちらにしても、問診・触診・口腔内模型・X線検査・CT検査による、診査・診断を行った上で治療計画と治療費の見積りを立てていきますので、まずは当院までお気軽にご相談ください。

インプラント治療終了後、そのまま放置するのでは、費用を掛けて手に入れた新しい歯が台無しです。食後のブラッシングと年に数回、歯科院でメンテンナンスを受けることで、長期間保つことができます。

当院では、3カ月に1度のメンテナンスをおすすめしています。

ページの先頭へ戻る